物事を進まないワキ脱毛
*
ホーム > 看護師 > 看護師の転職について

看護師の転職について

昨今は高齢化社会が進み、福祉施設であっても看護師のニーズは多くなってきているのです。さらに、大きな会社になると看護師は医務室にもいて、ストレスといった精神面のケア、もしくは、健康診断や健康面での相談を実施しております。


このようなケースは、この会社の正社員として入社することもあることでしょう。
産業看護師とは一般企業に勤務する看護師のことをいいます。看護師ときくと病院とかクリニックを思い浮かべるでしょうが、医務室を置く会社もあり、沿ういう場所で働く人もいます。


シゴトの中身や役割は勤務会社により多様ですが、従業員の健康維持と健康管理は基本的なシゴトと考えて頂戴。

看護士だと、求人はたくさんありますが、望んでいる条件の求人があるとは限らないものです。看護師資格を持つ方で就職できればいいと思う方は少ないでしょう。


できることなら、給料が高くて職場環境も良くて、夜勤のないところではたらきたいとほとんどの方が思っています。


理想的な転職先で働くためには、しっかり情報を集めることが重要でしょう。看護士を志望するりゆうは本当にどんなことをきっかけにして看護師を志望するようになったのかを入れるとイメージが良くなるでしょう。



転職の場合、そのりゆうは今までに身につけたスキルをいかしたいもっと誰かの役に立つスキルを身につけたいなど、ポジティブな印象を与えられるようにしましょう。以前の職場への批判などは口にしないほウガイいです。全国の看護師年収は平均して437万円ほどです。でも、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員としての勤務であるので、年収は平均593万円ほどになるのです。

公務員看護師は給料の上昇する率も民間の病院より高くて、福利厚生の点でも充実しているのです。
準看護師の場合、看護師に比べて、平均年収が70万円程度低くなります。



看護師の勤務しているところといえば、病院という考えが一般的でしょう。
でも、看護師の資格を持った方が役たてる職場は、病院以外にもいっぱいあります。
保健所で保健師の方と連携して、地域の住民の健康上の多様なケアをするのも看護師のシゴトです。また、福祉施設の中には医師が常駐しているところは少なく、医療行為の大半を看護師がやります。


看護師の国家試験に受かることよりも、看護学校を無事に卒業することの方が難しいと感じる人も多いのです。
看護学校は大変厳しく、レポートが遅れてしまったり、テストに落ちてしまうなど、ちょっとしたことで留年させてしまうようです。そんなに厳しい学校を頑張って卒業し、国家試験にも受かった人には、ぜひ看護師として、現場に出てほしいですね。



高校に進むときに衛生看護科で勉強を初めると、国家試験の受験資格を他の方法よりも早く手に入れられるため、最速で看護師になれるでしょう。



しかし、途中で違う進路を考えだしても変更するのは簡単ではありません。
さらに、最短5年で試験の受験資格を得られるのですが、期間が短いことがりゆうで勉強や実習に充てる絶対量が足りずに合格が困難という側面もあります。看護師の転職を成功させるには、未来のことを考えて迅速に行動することが大事ですよ。それに、どのような条件を重視するのかを決めておくことをお勧めします。



将来どうなりたいかをきっちりと考え、そのビジョンに合致した転職先の情報をちょっとずつ集めて頂戴。
給与額とか職場環境、勤務形態など、自分にとって重要な条件も考えておきましよう。


看護師免許を取るには、何通りかの道があるでしょう。看護師免許を手にするためには、国家試験受験の必要がありますが、すぐに受験することは認められません。


試験をうける資格を手に入れるためには看護専門学校(3年間)や看護系の短大(3年間)や看護系の大学のどれかで、看護について勉強することが必要なのです。産業看護師は、そこで働く人の健康が保てるように保健の指導などをしたり、メンタルケアもして、うつ病の防止に努めます。産業看護師の場合は求人が一般に公開されていないため、ハローワーク等で見つけるのは無理かも知れません。興味を持たれた方は看護師専用転職ホームページを利用して頂戴。



看護士転職ホームページには、産業看護師の求人なども掲載されることが多いです。

当直は看護師の場合、16時間にもおよぶ長い時間の勤務で、勤務中の仮眠が取れます。国の指針では、月に8回までとされていますが、その範囲に収めることが困難な場合が増えているようです。


勤めている病院の勤務シフトによっては、規則的な生活を送れなくなったり、体調を崩しやすいのも、長つづきしない看護師が多いりゆうの一部かも知れません。看護師の勤務形態というものは、他の職種と比較すると特殊であることに加えて職場によっても違ってきます。

シゴト場においては一般的に、2交代、もしくは、3交代のシフト制になっているという勤務先も多いものです。



2交代制が3割、3交代制が7割となっていて、3交代制を取り入れている病院が多いです。



ですが、2交代制の方が休みが取れるため、2交代制の方を求める看護師も多いでしょう。
看護師の資格を得るための国家試験は、1年に1度おこなわれます。
看護師不足が深刻になっているわが国のためには喜ばしいことに、ここ数年の看護師資格試験に合格する確率は90%前後と結構高い水準を保っています。看護師の国家試験は、大学の入学試験(公立高校では、「入学者選抜のための学力検査」と呼んでいるそうです)のような落とすための試験ではなく、一定の水準をクリアできれば合格可能な試験です。
修学旅行やツアーなどに連れ添って、怪我や病気に対しての応急処置や病院の手配をする看護師もいます。既婚でおこちゃまのいる人は土日に休めたり、夜勤なしの職場を望んでいます。病院ではないところで働くのであれば、そこに適した専門の知識を持っている認定看護師や専門看護師の資格を持っていると、雇用される確率があがります。


関連サイト:看護師の転職方法